下取りと買取の違い

下取りと買取の違い

車の売却の際の下取りと買取の違い

車を売却する際、良く耳にするのが車の下取りと買取ですよね!
車を売却するのは同じなのに言い方が違います、売却条件は少し違いますが車を売る方にしたら車買取でいいのではないかと思いますが、なぜ下取りや買取と言うのでしょうか?

 

基本的に新車ディーラーや中古車ディーラーに車の買え換えなどで今まで乗ってきた愛車を買取、引き取りをしてもらう事を下取りと言い、車買取業者や中古車販売業者に、査定をしてもらい買取してもらう事を買取と呼んでいるようです。

 

一般的に下取りは車を買え換える時に今の車を引き取りしてもらい、その差額を次に買う車代金から差し引いてもらう事で、車買取は車を買え換えなくても車だけ売却する際に車買取業者などに査定を依頼して金額に納得がいけば買取してもらう事です。

 

売り手からすればどちらでも良いわけで高く愛車を買ってくれればどちらでも良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ